未分類

九星気学の話、ホントのところは

九星気学を使って開運効果を狙ったけれど、思うように効果が実感できない。

そんな経験はありませんか?

凶方位の悪影響は実感してしまったけど、吉方位の影響はイマイチ……という方もいらっしゃるでしょう。実はそれには理由があるのです。

 

私は九星気学を20年以上実践しています。実践と経験によって得たエッセンスをこのNoteでお伝えしましょう。

 

①はじめに

 

九星気学を簡単に説明しますと

紀元前に発祥した陰陽五行論を背景に江戸時代後期に日本で発達した占術が九星気学です。占術としての歴史はまだ浅く、200年ほどしか経っていません。

 

一白水星

二黒土星

三碧木星

四緑木星

五黄土星

六白金星

七赤金星

八白土星

九紫火星

 

これらの象意を見知っている方は多いのではないでしょうか。九つの象意は太陽系の水星、金星、火星、木星、土星と関わりがあり、目には見えない「九つの気」として地上に存在します。この「九つの気」が、いつ、どの方位にあるのかをシステム化して記したのが「萬年歴(まんねんれき)」です。

 

②先天的な「気」と相性

人は生年月日によってこの「九つの気」をどのように保有しているかの違いがあります。「本命星」や「月命星」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。ある人は九紫火星と相性が良く、ある人は二黒土星や八白土星と相性が悪いといった具合に、生年月日で先天的な違いが出てくるのです。

開運の第一ポイントは、「九つの気の象意」のうち自分にとって相性の良い象意を選ぶことです。

 

-未分類

© 2021 よろずナビ